【ベルリッツってどんな教室?】無料体験レッスンを通じて徹底調査してみた。

この記事には広告・PRが含まれています。

執筆者紹介

インニャンコのプロフィール
インニャンコ

当ブログでは、日本で学べる英会話教室ついて紹介しています。

私の詳細なプロフィールについてはこちらになります。

ベルリッツって、よく聞く英会話教室ですけど、実際どんな教室なのでしょう??

ということで、今回はベルリッツとはどんな英会話教室なのか、体験レッスンを受けての印象や調査した結果を中心にご紹介していきたいと思います。

本記事を参考にしつつ、ベルリッツについて少しでも知っていただければ嬉しいです。

それでは行ってみましょう🎶

今なら4月度キャンペーンとして、教材費無料40レッスン特別料金などを実施しています。

4/30までのキャンペーンですので、お得なこの機会にぜひご検討ください。

ベルリッツ公式ホームページへ

目次

ベルリッツ概要

項目特徴
教室場所全国
大人向けコース・ビジネス
・日常英会話
・オンライン英会話
・TOEICテスト受験対策
・短期集中英会話
・グローバルビジネススキル研修
・大学生向け
・語学留学
レッスン形式・マンツーマン
・少人数グループ
・オンライン
入学金33,000円
レッスン時間マンツーマンコース1コマ・40分
少人数グループ・教室1コマ・40分
少人数グループ・オンライン1コマ・55分
マンツーマン料金完全オンライン
(40レッスン・6ヶ月)
237,600円
教室・オンライン自由選択
(40レッスン・3か月)
325,600円
少人数グループ料金オンライン
(40レッスン・20週間)
167,200円
教室
(48レッスン・24週間)
200,640円
ベルリッツ概要

*参考情報:ベルリッツ英語

ベルリッツ英語)は全国に教室を持っている大手英会話教室です。

大人向け、幼児小学生、中高生に分けてコースを設定し、そこからさらに様々なコースを設定しています。

マンツーマン、グループ、オンラインの3種類のレッスン形式があり、基本的には1コマ40分のレッスンとなります。

ベルリッツ公式ホームページへ

ベルリッツの特徴

特徴

・ビジネス英会話に強みがある

・毎回受講場所や時間を設定できる

・オンラインレッスンで世界中の外国人講師とレッスンできる

・担任制ではない

・スマホ・パソコンでレッスンの予約ができる

ベルリッツ英語の特徴についてまとめました。

特に特徴的なのは、「ビジネス英会話に強みがある」と「毎回受講場所や時間を設定できる」できる点です。

<ビジネス英会話に強み>

他の英会話教室では、英会話のコースでビジネスにも対応する場合が多いですが、ベルリッツの場合はビジネスコースと日常英会話コースが分かれています。

さらに、ビジネスコースの中にも複数のプログラムが用意されており、電話、出張、コミュニケーション、プレゼン、質疑応答など、場面ごとに役立つレッスンが用意されています。

そのため、ビジネスで起きうるあらゆる場面を想定した英語力を向上させることができます。

<毎回受講場所や時間を設定できる>

他の英会話教室ではレッスンコースごとにレッスン日時が固定されている場合が多いです。

しかし、ベルリッツでは、毎回スマホやPCにより予約を取ることが出来るため、自分の都合に合わせて受講することができます。

例えば、出張中は出張先の近くの教室でレッスンを受けることもできますし、仕事で遅くなった日はスマホで予定を変更することもできます。

特に、社会人の方には便利なシステムと言えます。

\ ベルリッツ公式ホームページへ /

他の教室との比較

この章では、ベルリッツと全国に展開している大手英会話教室との比較を行っています。

レッスン概要、料金、その他の3項目において比較していますので、ベルリッツと他の教室との違いを把握するのに利用してみてください。

レッスン概要の比較

スクロールできます
英会話教室教室数主な設置コースレッスン形式レッスン時間
ベルリッツ英語43校・ビジネス
・日常英会話
・TOEICテスト受験対策
・短期集中英会話
・マンツーマン
・グループ
・オンライン
40分〜55分
英会話イーオン250校以上・日常英会話
・TOEIC対策
・小学校英語指導者資格
・マンツーマン
・グループ
・オンライン
50分
駅前留学のNOVA約300校・英会話
・ビジネス
・資格対策
・マンツーマン
・グループ
・オンライン
40分
シェーン英会話177校・ビジネス英語
・日常英会話
・英語資格対策
・文法強化
・マンツーマン
・グループ
・オンライン
40分〜50分
ECC外語学院140校以上・日常英会話
・ビジネス会話
・英語資格
・マンツーマン
・グループ
・オンライン
40分〜100分
GABA
マンツーマン英会話
35校・ビジネス
・日常・トラベル
・短期集中
・TOEIC®テスト対策
・マンツーマン
・オンライン
40分
*プランによる
レッスン概要の比較

*2023年9月現在の情報です。

ベルリッツ英語)は全国に43校の教室があり、ベルリッツより多いのはイーオン、NOVA、シェーン、ECC、少ないのはGabaでした。

ベルリッツ英語)は、ビジネス、日常英会話、TOEIC対策など基本的なコースが設置されています。

他の教室も同様なコースがありますが、イーオンは「小学校英語指導者資格」のコースがあることが異なる点です。

レッスン形式やレッスン時間はどこの教室もほぼ同じになります。

料金の比較

スクロールできます
英会話教室日常英会話
マンツーマン
基本料金
日常英会話
グループ
基本料金
1レッスン単価
(マンツーマン)
1レッスン単価
(グループ)
入学金
ベルリッツ英語40回
325,600円
48回
200,640円
8,100円〜4,200円〜33,000円
英会話イーオン11,550円/回週1回
12,375円/月〜
11,550円3,000円〜11,000円
駅前留学のNOVA月4回
23,000円/月〜
*固定プラン
月4回
10,000円/月〜
5,500円〜2,500円〜20,000円
シェーン英会話月4回
29,700円/月〜
年間44回
16,500円/月〜
6,000円〜4,500円〜22,000円
ECC外語学院週1~2回
22,000円〜/月
週1~2回
17,600円〜/月
1,1000円8,800円15,000円
GABA
マンツーマン英会話
月4回
25,600円~/月
なし6,400円なし33,000円
料金の比較

ベルリッツ英語)の1レッスンあたりの単価は、マンツーマンが8,100円〜、グループが4,200円〜です。

他の教室と1レッスンあたりの料金を比較すると、ベルリッツ英語)は大体平均的な価格であることがわかりました。

一方、ベルリッツ英語)の入学金は33,000円ですが、他の教室に比べてやや高めでした。

その他の項目の比較

スクロールできます
英会話教室講師*レッスン
スケジュール
振替・キャンセル規則
ベルリッツ英語・外国人
・日本人
フリー制レッスン前日の15時まで
英会話イーオン・ネイティブ
・日本人
固定制レッスン開始の10分前
駅前留学のNOVA・外国人固定制
フリー制
予約の8日前までは何度でも可能
シェーン英会話・ネイティブ
・日本人
固定制
フリー制
個人レッスン:月2回
少人数レッスン:月1回
ECC外語学院・外国人
・日本人
固定制
フリー制
レッスン開始の2時間前まで
GABA
マンツーマン英会話
外国人フリー制レッスンの前日18時まで
その他の項目の比較

*固定制:レッスン日時が固定されている制度。

*フリー制:レッスン日時が固定されておらず、都度予約を取る制度

ベルリッツ英語)の講師は外国人と日本人になります。

他の教室も同様ですが、NOVAとGabaは外国人の講師のみとなります。

ベルリッツ英語)のレッスンはフリー制です。

他の教室はフリー制または固定制ですが、イーオンは固定制しかありません。

ベルリッツ英語)のキャンセル・変更はレッスン日の前日の15時までで、ベルリッツ英語)よりも直前に変更できるのがイーオンとECCでした。

ベルリッツのメリットとデメリット

ベルリッツのメリットとデメリット

私が考えるベルリッツ英語)のメリットとデメリットは上記の6つになります。

1つ1つみていきましょう。

メリット

ベルリッツ英語)は修正と反復を繰り返して練習するスタイルのレッスンであるため、正しい会話表現を身につけることができます。

例えば、私が体験レッスンを受けた際には、私が「I reported the result of tests」といった後、「I reported the finding of experiments」の方がビジネスでよく使うと教えてくれました。

また、オンラインコースでは、世界各国の外国人講師とオンラインでレッスンが受けられるため、様々な英語を経験できるのもメリットになります。

デメリット

ベルリッツ英語)のデメリットとして、費用が高いことが挙げられます。

例えば、日常英会話のマンツーマンコースは40回で325,600円、1レッスンあたりの単価がマンツーマンが8,100円になります。

もし、週1回レッスンを受講したならば、月謝は34,560円になるため、かなり費用がかかることがわかります。

また、職員の方に聞いたところ、コロナ禍以降グループレッスンを希望する生徒が減っており、なかなかグループレッスンが開講できていないという状況があるようです。

これから徐々に再開するかもしれませんが、2023年9月時点ではグループレッスンを受講できない状況が続くでしょう。

ベルリッツ英語)は自由予約制であるため、担任制をとっていません。

講師をこちらから希望することも難しいため、どの講師が当たるかはランダムになります。

ただし、合わない講師がいる場合は申告すればレッスンに当たらないよう除いてくれるとのことでしたので、ここは安心なところではあります。

ベルリッツに向いている人と向いていない人

この章では、ベルリッツ英語)に向いている人と向いていない人について紹介しています。

ベルリッツ英語)に通うべきか悩まれている方はご覧ください。

ベルリッツに向いている人

・ビジネス英会話を勉強したい方

・日常英会話を勉強したい方

・意欲的に勉強できる方

・オンラインレッスンが苦ではない方

・正しい英語が学びたい方

・予算がある方

ベルリッツ英語)は英会話を勉強するためのシステムが充実した英会話教室です。

意欲的にビジネス英会話や日常英会話を勉強したい方に向いている英会話教室になります。

また、オンラインレッスンでは世界各国の外国人講師と24hレッスンができる体制が整っており、対面レッスンよりも価格が安めに設定されています。

オンラインレッスンも特徴の1つであるため、オンラインレッスンが苦ではない方にもおすすめな教室になります。

ベルリッツ英語)は「生徒の英語表現をより正しく修正し繰り返し練習させる」という教育方針をとっているため、正しい英語表現を身につけるのに適した教室です。

例えば、私が体験レッスンを受けた際には、私が「I reported the result of tests」といった後、「I reported the finding of experiments」の方がビジネスでよく使うと教えてくれました。

一方、充実した制度や環境がある反面、その分費用がかかるのがデメリットになりますので、ある程度予算がある方でないと通うのは難しいでしょう。

ベルリッツに向いていない人

・低コストで通いたい方

・日本人講師が良い方

・英語資格に集中したい方

・グループレッスンを希望している方

ベルリッツ英語)は英会話能力を伸ばすのにはおすすめな教室ですが、その分費用がある程度かかってしまうのが難点ですので、あまり費用をかけたくない方には不向きな教室です。

また、日本人講師は在籍していますが多くは外国人講師ですので、日本人講師を望まれている方にも不向きとなります。

ベルリッツ英語)にはTOEIC対策コースもありますが、基本的には英会話に特化した教室になります。

TOEIC対策をしたい方には費用がかかりすぎるため、ライザップ イングリッシュなど英語資格に特化したスクールの方が効率が良いでしょう。

公にはベルリッツ英語)はグループレッスンも開講していますが、コロナ禍以降生徒が集まりにくい状況が続いているため、開講数が少なくなっています。

例えば、私が大阪のベルリッツに行った際には、グループレッスンはあまり開講しておらず同じレベルの生徒さんを探すのが難しいと言われました。

従って、グループレッスンを中心に学びたい方は、ECC外語学院英会話イーオンなどの生徒数の多い教室の方が良いでしょう。

無料体験レッスンを受けてみた

それでは、私が実際に大阪のベルリッツ英語)にて無料体験レッスンを受けた際の内容や感想についてご紹介していきたいと思います。

ベルリッツ英語)の内容を深く知りたい方、雰囲気を少しでも知りたい方はご覧になってみてください。

無料体験レッスンの申し込み

まずは、ホームページから無料体験レッスンを申し込みました。

私は電話で申し込みましたが、メールでの予約も可能ですので、好きな連絡方法を選んでみましょう。

\ ベルリッツ公式ホームページへ /

体験レッスンの流れ

ベルリッツの無料体験レッスンの流れ

まずは、日本人カウンセラーによる体験レッスンの説明を受けました。

その後、外国人講師による体験レッスン&レベルチェックが行われ、最後に日本人カウンセラーによるベルリッツの具体的なコースや料金の説明がありました。

体験レッスンの内容

日本人カウンセラーによる体験レッスンの説明

まずは、私の英語経験、ベルリッツに来た目的、英語を勉強する目的などを聞かれました。

私は仕事で英語が必要ということを伝えましたので、今日の体験レッスンではビジネス英会話の説明を受けることになりました。

その後、今日の体験レッスンではどのようなことをするのかを説明されました。

具体的には、外国人講師による簡単な体験レッスンとレベルチェックを受けること、その後ベルリッツの説明を受けるということでした。

体験レッスンの内容

体験レッスンでは、外国人の講師の方が講師を務めてくれました。

オーストラリア出身の経験豊富な講師の方で、ゆっくりとわかりやすい英語で話しかけてくれましたね。

<自己紹介>

まずは、簡単な自己紹介と質問を受けました。

質問は、「趣味は何か?」、「どんな会社に勤めているのか?」など、簡単な質問でした。

私は「I do research about chemicals」と言いましたが、ビジネスでは「I conduct experiments on chemicals」の方が良いと教えてもらいました。

<英文法チェック>

外国人講師

Which country have you been?

インニャンコ

I’ve been to US and Italy.

正確な英文法を用いて正しく自分の質問に答えるというレッスンがスタートしました。

現在完了形でどこか行ったことがあるのか?、仮定法を用いてもし外国人なら何語を話しているのかなどの問題が出ましたね。

おそらく、正しい英文法を使って英文を構築できるのかをチェックしていたのだと思います。

<英文の置き換え>

外国人講師

Can you speak Japanese?

インニャンコ

You asked me if I could speak Japanese.

次に英文の置き換えテストが始まりました。

例えば、「Can you speak Japanese?」という英文を客観的な英文に直せとの問題が出ました。

私は「You asked me that I could speak Japanese.」と答えましたが、ここはthatではなくifを使うのだと訂正されました。

思った以上に細かく表現を訂正されるのだなと思いましたね。

<report>

最後に、2分間ほど最近会議であった内容を話してくれとの課題を伝えられました。

なので、①上司が会議の目的を伝える、②同僚が試験の報告をする、③自分が試験の報告をする、この流れで会議の内容についてスピーチしました。

その際、私は「They reported the results of the test」と言いましたが、「They reported the findings of the their experiments」の方がビジネス表現として正しいと教えてもらいました。

このようにいくつか英語表現を訂正してもらった後、再度スピーチをして体験レッスンが終了しました。

ベルリッツの説明

・英語を英文として話せるようになるのが目的

・訂正と反復を重視

・「疑問文→返答」のさらにもう一歩の会話できるように目指す

・レベルダウンテクニックができるように目指す

・レッスンの流れ:ゴール設定→語彙・フレーズ→反復→実践→振り返り

・クラスのレベルは1〜10、1レベルにおいて40ユニットある。

・教材は電子版。印刷する場合は2,970円かかる。

・プライベートレッスン(マンツーマン)とオンラインレッスン(Live Online)がある。

・プライベートレッスンは日本人カウンセラーがつき、対面とオンラインを併用できる。

最後に、日本人カウンセラーの方からベルリッツ英語)の制度や料金についての説明がありました。

主な説明内容は上記に示した通りです。

<プライベートレッスンコース>

プライベートレッスンは、講師とのマンツーマンでレッスンをするスタイルで、対面レッスンとオンラインレッスンが併用できます。

レッスンは自由予約制ですので、自分の都合の良い時間を選ぶことができます。

一方、自分から講師を選ぶことはできません。

しかし、嫌な講師を外してもらえるよう交渉することはできます。

オンラインレッスンはZoomを使用し、スマホでもレッスンをすることができます。

<オンラインレッスン(Live Online)コース>

オンラインを用いて世界中のベルリッツ講師と24h好きな時間でレッスンをすることができます。

海外の講師は日本人のことを知らないため、容赦ない英語を使ってくるためとても勉強になるそうです。

ビデオツールは「nuro」を使います(zoomのようなもの)。

nuroは通信速度が早く、自動的にレッスンを録画してくれるため、レッスンの振り返りにも便利なのだそうです。

また、プライベートレッスンコースと違い、講師を選ぶことができます。

質疑応答により得られた追加情報

・毎回レッスンをこなすごとに1unitずつ進んでいくが、講師の判断により同じunitを繰り返す場合もある

・次のレベルに上がる際にテストはない。次のクラスに上がれるかは講師が判断する。

・講師はベルリッツが独自の採用基準により選んでいる。主に面接で選抜しているが、決められた基準があるわけではない。

・生徒用のサイトがあり、予約、連絡、レッスン状況などはそのサイトから閲覧することができる。

・グループレッスンはパートナーを見つけることができれば開講されるが、現在グループレッスンの数は多くはない。

・プライベートレッスンの講師は日本人に慣れているため、日本人にわかりやすい英語を話してくれる。

・梅田ランゲージセンターに在籍する講師は50名程度。

・都合により他の教室でレッスンを受けることもできるが、あまり融通は効かない。

・体験レッスン後5日以内に申し込んだら、入会金が10,000円割引になる。

私が体験レッスンを受けた際に質問して得た情報を載せました。

こちらの情報はホームページには載っていない情報なので、ぜひ一読ください。

無料体験レッスンを受けての感想

第1印象として受けたのは、全スタッフがカチッとしておりとても丁寧な対応をしてくれるということです。

おそらく、かなりしっかり教育されているのだと思います。

体験レッスンを終えて感じたことは、ベルリッツのレッスンは反復練習が多く、自分の表現力を広げるのに適したレッスンだなということです。

例えば、私が「I reported the result of tests」と言った後、「I reported the finding of experiments」の方がビジネスでよく使うと教えてくれました。

その後、その表現を繰り返し反復練習するため、自然とこの表現を身につけることができました。

正しい英語表現を身に付けたい方、ビジネスに適した表現を覚えたい方などにおすすめな教室だなと思いました。

まとめ

さて、本記事をまとめますと・・・

ベルリッツの特徴

・日常英会話やビジネス英会話に強みがある

・正しい英語表現を身に付けたい方、ビジネスに適した表現を覚えたい方などにおすすめな教室

最後までご覧頂き有難うございました。

もし、ベルリッツ英語)に興味を持たれた方、まずはお近くの教室で無料体験レッスンを受けてみましょう。

今なら4月度キャンペーンとして、教材費無料40レッスン特別料金などを実施しています。

4/30までのキャンペーンですので、お得なこの機会にぜひご検討ください。

\ ベルリッツ公式ホームページへ/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・TOEIC800点
・東京大学大学院卒業
・企業の理系研究員
・米国に出張経験あり

コメント

コメント一覧 (10件)

コメントする

目次